運用型広告代理店における活用

「運用広告の提案精度が確実に向上し、社員のレベルも高まりました。クライアント事業の伴走者となる上で強力なツールです。」

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社チームリーダー秋山様(左)、マネージャー小山様(中央)、チームリーダー森様(右)

 

アナグラム株式会社様は、お客様の最も身近な相談役を目指す運用型広告コンサルティング専門の会社です。SPEEDAを提供する弊社ユーザベースの広告運用パートナーとしてもご協力いただいております。

※参考記事:「事業拡大に向けて、インハウス化を前提とした本質的な課題解決に寄り添ってくれる」 / アナグラム株式会社口コミ 

今回は、アナグラム様の特徴や企業文化も合わせ、運用型広告の現場でSPEEDAがどのように活用されているのかをマネージャーの小山様、チームリーダーの秋山様、森様に伺いました。

(聞き手:ユーザベース伊佐敷)

 


【サマリー】

  • 顧客・業界理解が深まり、ご提案や広告運用の精度が向上
  • 業界の広告費の目安を把握できるようになり、説得力のある予算提案が可能に
  • クライアント事業の伴走者となる上で強力なツールとして活用

 

”運用型広告の駆け込み寺”を目指す広告代理店

アナグラム様のサービス内容を教えてください。

小山様:私たちは運用型広告コンサルティングを専門とする広告代理店です。大きな特徴としては広告代理店からの下請け業務が一切なく、広告主であるクライアントさんとの直接やりとりをさせていただくお仕事が100%です。クライアントの責任者さんに伴走することを理想としていて、運用型広告の戦略立案と、実際の広告運用を支援させていただいています。

私たちのミッションは、必要な人と与えたい人を「つなげる」こと。消費者であるエンドユーザーの本当に必要なものを探し当て、クライアント企業の思想をわかりやすく届けることができるよう、日々、試行錯誤を重ねています。

アナグラム様も執筆に参加の書籍「いちばんやさしいリスティング広告の教本

私もいろいろな広告代理店を知っていますが、「アナグラム様は一般的な広告代理店とちょっと違う」と感じています。その理由の1つが「売上至上主義」ではないところ。それでもうまくいく秘訣は何でしょうか。

小山様:売上至上主義では無いことで、担当者がクライアント様1社1社に時間をかけて向き合うことができるようにしています。結果として成果が出て広告費を増やしていただいたり、ご信頼に繋がり結果として別のお仕事をご紹介いただいたりと、現場が疲弊せずに売上を伸ばすことにも繋がっています。

無理な売上に追われてキャパシティを越えたお仕事を承ってしまうと、1社1社にかけられる時間はどうしても少なくなり、不満や解約に繋がりがちですから。

企業文化もありますね。弊社は運用型広告のリーディングカンパニーとして業界を牽引するべく、運用に関しては高いレベルを目指して「もっといいやり方は無いか」をじっくり考えて貪欲に追求する文化があります。

広告運用のテクニックのみでは無く、より上流のマーケティングやビジネスに関心を持ち、活発に意見交換する文化があります。

また、何より担当者自身が楽しんで仕事をするのを大事にしていますね!

弊社ユーザベースも企業文化を大切にしているので、その重要性は理解できます。ところで、御社はどのように企業文化を育んでいますか。

小山様:代表やマネジメント層が率先してマーケティングやビジネスに関する知見や、外部で見聞きした気づきなど積極的に社内に共有するようにしています。

また、勉強会を週に1回、開催しています。広告アカウントをもっとより良くできないか議論や、外部ゲストを招いてのセミナーなどを行い、メンバー同士が議論し知見を深める場になっています。こちらも、経験の長いメンバーやマネジメント層も積極的に参加する仕組みにすることで、議論を活発化し有意義な学びを得られる場になるよう日々工夫しています。

森様:また、弊社は、お客様と対等な立場を保てる場合のみ、お仕事を引き受けることにしています。そのためお客様との打ち合わせで前向きな相談や議論が多くなり、現場が自分の意思を持って、伸び伸び、思い通りに動ける文化が築けているのだと思います。

小山様:仕組みの整備の他に、弊社が大事にしたい行動指針を「Anagrams Way」として明文化し、カードにして配っていますね。現場では行動指針としてしっかりワークしています。

 

改めまして、御社の業務内容を教えていただけますか。

小山様:当社の業務は主に3つに分けられます。

1つ目は、運用型広告の運用代行です。業界トップレベルの最新ノウハウと、高い運用クオリティーを武器にしています。

2つ目は、運用型広告のコンサルティングです。既に社内の担当者さんが広告を運用されているアカウント内容を拝見して、私たちが外部から運用のアドバイスをさせていただきます。

3つ目は、ブログやセミナーを通じた、積極的な情報発信です。業界全体のレベルアップに貢献したいと考えていまして、事業会社や広告代理店など、様々なスタイルで広告運用に携わる方々の、日々のお困りごとに寄り添える内容を意識しています。

 

SPEEDAへの期待は広告以外に関する知識の底上げ

SPEEDAを導入するにあたり、どんな課題を解決したいと考えましたか。

クライアントさまのビジネスについてもっと理解したい

小山様:クライアントさまからは、広告運用以外にも、マーケティングの相談に乗れることが期待されています。というのも、広告運用も成果を追求して長いお付き合いをさせていただくと、多くの場合は広告運用以外も含めたマーケティング全体の議論に行き着くからです。

マーケティング全体の議論は、商品を買ってくださるユーザーの理解はもちろん、クライアントさまのビジネスを理解せずには不可能です。「もっとクライアントさまのことを知らなければいけない」という課題を感じていました。

SPEEDAの導入でクライアントさまの業界の市場規模、法律面の前提、バリューチェーンや商習慣、主要な競合の動きなど基礎知識を身につけることで、社内のクライアントさまのビジネスの理解が深まることを期待しました。

トライアルでSPEEDAを1ヵ月ほど活用いただきました。その時に、機能面で役立ちそうなものはありましたか。

広告費の目安の把握

小山様:色々ありすぎますが、広告代理店の私たちからすると、業界や企業ごとの広告費の目安を確認できるところが特に気に入りましたね。

また予算を決めるときに、競合他社がどのぐらいの広告費を利用しているのかは気になるところです。また新しく広告を始める場合には予算感を目安でもお伝えすることができますよね。

SPEEDAでは業界ごとの主要企業の広告宣伝費など、様々な指標比較や分析が可能。

広告費の上昇率などでソートが出来るので、営業のリスト作りにも役立つのではないでしょうか。私たちは現状インバウンドでのお問い合わせで十分にお引き合いを頂いているので、リストを作ってアプローチ、ということは積極的にはしていないのですが・・・。

以前は、どのように広告費を把握していましたか。

小山様:企業のIR情報で確認してました。でも、明示している企業とそうでない企業のバラつきも多く、時間がかかっていたので、きちんと短時間で把握できて非常に助かっています。

 

SPEEDAを活用した広告運用の提案

現在、SPEEDAはどのように活躍していますか。

①営業提案時の資料作成

秋山様:私は、お客様への提案資料を作成する時に使うことが多いです。稀にコンペに参加することもあり、提案資料の精度を上げる必要があるので、SPEEDAの競合分析や市場分析を提案の中に取り入れています。

小山様:また、SPEEDAでクライアントさまの業界のバリューチェーンなどを確認することで、「強調するべき強みはどこなのか?」「どういったユーザーを集客するのが好ましいのか」

「1ユーザーと長くお付き合いするべき」なのか、それとも「とにかく数を追うべき」など、様々なマーケティングの方針が見えてくることがあります。

広告の打ち方や成果計測の方法などに調整が必要になります。これらの情報を頭に入れておくだけで、ご提案の精度は高まりますし、お客様との話が凄くかみ合うようになります。

様々な業界ごとにバリューチェーンの図解を掲載。業界の構造を俯瞰して把握することが可能。

 

②一般的な広告予算の目安の調査

小山様:それから、クライアントさまに最適な広告予算をご提案するとき、SPEEDAを使い競合他社や、似たビジネスモデルの他社さんが「売上に対して何%程度の広告宣伝費を使っているのか」を調べます。クライアントさまの売上から逆算すると、広告予算の目安が推計できます。

提案の精度がグンと上がった実感があります。業界の広告費率の相場なども分かるので、本当に助かっていますね。

 

③市場分析

秋山様:私は、お客様が上場していればシェアを調べたり、「業界にどんな会社が参入しているのか」や「これからどんな会社が参入してきそうか」なども調べたりします。

ある人材派遣会社へ提案した時の話です。SPEEDAで市場調査をすると、人材派遣ビジネスへの参入障壁が下がり、競合がどんどん増えていることが分かった。その業界の上位企業がどのようなマーケティングをしているのかを調べると、テレビCMを活用して検索へ繋げていることも分かった。こうした情報を基にした提案をすることで、人材派遣会社からは「よく分かっていますね」と信頼してもらうことができ、受注することができました

 

④業界レポートでの業界理解

小山様:既存のお客様のビジネスが苦しい状況にある時、SPEEDAでその背景が見えるようになりました。特に「業界別レポート」は役立ちますね。業界の成り立ちについて、その前提となる法律から、ビジネスモデル、主要なプレイヤーまでしっかりまとまっているので、初めて取り組む業界であっても短時間で要点を抑えることができます。

業界レポートの一例。様々な業界の概要・競争環境・市場規模などがスピーディに把握できる。

アナグラムではありがたいことに様々な業界の会社さまからご依頼をいただいています。一方で担当社数が増えてくると、様々な業界のキャッチアップが必要になり、背景まで深く理解するのに苦労することも少なくありません。要点を抑えて効率よく深い知識を吸収できるSPEEDAは本当に助かっています。

そう言っていただけて弊社としても嬉しいです。

SPEEDAを使いこなすにあたり、工夫していることはありますか。

小山様:導入当初は、業界レポートを共有したり、提案時の使い方をシェアしたりしました。とにかく、SPEEDAの存在を知ってもらいたかったからです。

新規のお問合を受けた時の業務フローに、「ご提案の前には、SPEEDAで企業情報を確認する」といった流れでSPEEDAを組み込むことで、利用が徐々に浸透していきました。

SPEEDAは、とにかく使い方がたくさん考えられるツールなので、他により良い活用方法が無いかは今でも模索しています。

理解を深めるために、業界別レポートの読み合わせ会なども企画を検討しています!

社内でのより良い使い方にお悩みでしたら、ぜひサポートデスクにもご相談ください。御社に合った活用方法を一緒に考えるところからお手伝いいたします。ちなみに、弊社のサポートデスクを活用されたことはありますか。

森様:あります。ある企業さまの属する市場規模について調査をしていたんですが、その業界は上場をしている企業が少なく、業界に関する具体的なデータがなかなか見つからずに困っていました。

そこでSPEEDAのサポートデスクに相談させてもらったんですが、問い合わせをしてから10分以内に最初のご返信をいただき、30分後には早くも調査内容を回答いただくことができました。当然ながら定型文などではなく、具体的な数値データと参照したソースと合わせて、該当するデータ部分はわかりやすく印を付けていただいていたりと、非常に丁寧な内容で、感動したことを覚えています。

さらに、問合せが完了した数日後にも「こんなデータもありました」と追加でご連絡をくださり、想像を超える親身な対応に驚きました。SPEEDAには「人がいる安心感」があります。

 

広告だけでなくビジネスそのものの最も身近な相談役へ

最後に、これからSPEEDAを活用して実現したいことをお聞かせください。

小山様:これからの広告代理店は、特定の媒体やツールの使い方に詳しいだけではなく、クライアントさまの頼れる参謀役として、マーケティング全体について相談やアドバイスができることが、これまで以上に求められていくのでは無いでしょうか。

SPEEDAは、経営企画やコンサルティングファーム・シンクタンク向けと思われがちです。しかし、広告代理店でもSPEEDAを導入することは大いにアリだなと、実際に導入してみて感じました。

SPEEDAを通じてクライアントさまの経営目線に合わせてマーケティングを語れるメンバーを増やし、新しい介在価値を生み出せることは、非常に有意義な投資です。

クライアントさまにご期待以上の結果を出し、相談役・参謀役としてこれまで以上に頼って頂けるよう、SPEEDAを通じて社内の強化を、引き続き進めていければと考えています。

秋山様:私は、お客様のビジネスに沿った提案を心がけることは大切だと思います。SPEEDAを活用してお客様を知ることで、いい提案をしていきたいです。

森様:私は「広告運用は手段の1つでしかない」と思っています。広告以外でもお客様のためになることがあれば、どんどん提案していきたい。そのためには様々な企業のビジネスを深く理解する必要がありますし、ビジネスに関するあらゆる情報がワンストップで確認できるSPEEDAをもっと活用したいと考えています。

・SPEEDAの無料トライアルを試してみる
・資料請求・料金問い合わせはこちら
・SPEEDAについてより詳しく知る

2019.5 インタビュー

anagrams.jp

特色

運用型広告コンサルティングを専門とする広告代理店。
運用型広告の戦略立案と、実際の広告運用を支援。

業種

広告代理店

7日間かかる情報収集・分析を1時間に短縮