【セミナーレポート】
大企業を進化させる新規事業への挑戦

レポート概要

ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、既存事業の延長線上にはない新しい事業を模索されている方は多いのではないでしょうか。新規事業の立ち上げには「社内理解がなかなか得られない」「新規事業に携わる人材の確保が困難」など数多くの壁が立ちはだかります。

そこで今回は、パナソニック株式会社にて2016年に新規事業創出プラットフォーム「Game Changer Catapult」を立ち上げ、社内事業コンテストの実施や社外とのコラボレーションの加速を推し進めている真鍋 馨氏と、東日本電信電話株式会社にて2018年にアクセラレータープログラム「LIGHTnIC」を立ち上げ、ベンチャー企業との共創により社会・地域の課題を解決する事業立ち上げに取り組む若木 豪人氏をお招きし、「大企業を進化させる新規事業への挑戦」というテーマで対談をお届けします。

新規事業を生み出す組織や制度づくりに関わってこられたお二人は、どのような壁に向き合い、解決してきたのでしょうか。そして取り組み開始から数年たった今、どのように次なる進化を目指しているのでしょうか。最前線で取り組むお二人だからこそできるリアルな対談にご期待ください。

※本レポートは2020年7月22日に開催した同名H2Hセミナーの書き起こしになります。

こんな方におすすめ

  • 次なる成長事業を創り出す役割を担い、新規事業開発プログラムを運営されている方
  • 新規事業の立ち上げや既存事業の拡張を模索されている事業開発担当者の方
  • 新しい事業に積極的に挑戦していく組織作りを目指されている経営者、または経営企画部の方

必須