【セミナーレポート】企業の持続的成長をもたらす知財ガバナンス

レポート概要

2021年6月、金融庁と東京証券取引所は、企業のサステナビリティを確保するために、コーポレートガバナンス・コードを改訂し「知財投資に関する補充原則」を追加規定しました。これにより各企業の経営層や知的財産部門は、新たな投資サイクルを生む戦略的な知財情報の開示が求められます。また企業の取締役会には、いかなる知財投資を行うかの判断や、投資の執行や成果等について実効的な監督を行うことが求められ、企業の競争力向上や持続的な成長に向けて、知財を核とした新たな経営戦略が始動されていく契機となったことを意味します。そこで、知財ガバナンス研究会の全面的な支援を得て、3名のゲストと共に知財ガバナンスのあり方とその最前線を議論したセミナーのレポートをお届けします。

知的財産部門は価値ある情報を司る戦略的な部門として、これを意味ある改革とするためにどのように思考し、アクションを取るべきなのでしょうか。政府でも成長戦略実行計画や知財推進計画2021で、知財投資・活用戦略を推進するためにガイドラインの策定を開始し、国家の変革を成す好機となってきたこの時期に行われる、企業価値を向上させる知財投資・活用戦略とは何か、どのように進めるべきか、産業・経済・業界を越えた対談となりました。

≪レポートサマリー≫
・知財投資に対する情報開示で「企業の儲ける力」を強化する
・知財を事業価値に転換させる、つまり「株価を上げる」知財戦略がミッション
・事業化に繋がる技術の積極開示で、投資家からの理解を得る
・企業経営に知財ガバナンスを組み込むべく、知財活用を共通言語にする

≪ゲスト≫
HRガバナンス・リーダーズ株式会社 フェロー 菊地 修 氏
シスメックス株式会社 知的財産本部 理事・本部長 井上 二三夫 氏
株式会社ブリヂストン 知的財産部門 部門長 荒木 充 氏

こんな方におすすめ

  • 知財ガバナンスの実践に挑戦している方
  • 知財戦略などの知財活動に従事されている方
  • コーポレートガバナンス・コードの実践へのヒントを得たい方

必須