【セミナーレポート】サーキュラーエコノミー時代の技術戦略〜次世代の産業構造の本質を掴む〜

レポート概要

世界規模で脱炭素化に向けた取り組みが加速する中、サーキュラーエコノミー(循環型経済)社会への移行は不可避となっています。サーキュラーエコノミーとは調達や設計の段階から資源の再利用や回収を前提とし、廃棄ゼロを目指すものです。これまでの製造責任に留まらず、分解・処理までの責任が企業に求められる今、その本質を構造的に理解できず悩まれる方も多いのではないでしょうか。そこで、『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』の著者をゲストにお迎えし、サーキュラーエコノミーによる産業構造の転換を正しく捉え、業界や産業の枠を超えた思考の転換について議論したセミナーのレポートをお届けします。

サーキュラーエコノミー時代に求められる新しい技術力とは何なのか。世界で決まるルールに従うだけでなく、日本が主導権を握るためにどう事業を構想したら良いのか。マテリアル・エネルギー・インフォメーションの三位一体で循環構造を考える時間となりました。

≪レポートサマリー≫
・線形経済から循環経済へ、技術開発を始めるなら今
・モノ循環とエネルギー循環を情報循環で支える「三位一体構造」
・デザイアビリティを追求し、フィージビリティを考える
・知財と標準化で、事業R&D x 技術R&D = 新規事業開発を成立させる

≪ゲスト≫
NPO法人 産学連携推進機構 理事長 妹尾 堅一郎 氏

こんな方におすすめ

  • 資源循環型の事業への転換に挑戦している方
  • サーキュラーエコノミー関連事業を加速させるヒントを得たい方
  • サーキュラーエコノミーの全体像を理解したい方

必須