【ホワイトペーパー】サーキュラーエコノミーを加速する 技術起点による事業開発のはじめ方

レポート概要

第三次産業革命を機に世界中で技術革新が起こり、経済成長が急加速、気候変動が問題視されるようになりました。資源枯渇や環境問題の深刻化が増す中、2015年、COP21にて、平均気温の上昇を産業革命以前と比較して1.5℃に抑える努力を追求することが掲げられた「パリ協定」が発効されました。

国際的な動きを受け、日本でも経済産業省が2020年、環境活動の3Rから経済活動としての循環経済への転換を示しました。サーキュラーエコノミーは、資源を持続可能とするだけでなく、経済活動をも持続可能にすることを目的としています。

私たちはサーキュラーエコノミーへの移行を追い風に、いかに新たなビジネスチャンスとするべきなのでしょうか。サーキュラーエコノミーを加速させるべく、技術起点のマーケティング・ビジネス分析をはじめるきっかけとしてご活用ください。

≪目次≫
Chapter 1:なぜ今、サーキュラーエコノミーなのか
Chapter 2:サーキュラーエコノミーとは
Chapter 3:サーキュラーエコノミー時代の事業構想
Chapter 4:サーキュラーエコノミー時代のイノベーション思考
Chapter 5:サーキュラーエコノミー事業化の加速に向けて

こんな方におすすめ

  • 事業変革や組織変革をミッションとする技術・知財部門管掌の役員・部長の皆様
  • 技術イノベーションに取り組む技術・研究・知財領域の責任者・担当者様
  • 事業成長に模索している経営企画・事業開発部門の責任者・担当者様

必須