【セミナーレポート】6G最前線から考える技術開発

レポート概要

2020年に5Gサービスが開始された一方で、世界では2030年代の実用化を目指し、6G(第6世代移動通信システム)の研究開発が進んでいます。6Gにより、現実空間と仮想空間の融合が加速し、遠隔操作・シミュレーション・予見予知などが高度化、社会課題の解決に向けた新たな事業創出が期待できます。そこで、6G時代の技術開発と事業創造を議論したセミナーのレポートをお届けします。

6Gによる通信技術の飛躍は、6Gは社会全体へどのような影響を与え、社会課題の解決を変容させていくのでしょうか。また、現在の技術開発モデルや製造プロセスを、いかに革新するのでしょうか。一歩二歩先の未来を想像し、6Gの世界観に触れる時間となりました。

≪レポートサマリー≫
・2030年のサービス化を目指す6Gで、遠隔操作や遠隔監視が加速
・人間拡張基盤となる6Gで実現する、新たな技術伝承
・業界を超えた意見交換で、ビジネス化を促進

≪ゲスト≫
株式会社NTTドコモ 執行役員 6G-IOWN推進部 部長 中村 武宏 氏

こんな方におすすめ

  • 5Gや6Gなどの移動通信関連事業に従事している方
  • 遠隔操作や技術伝承などに応用する技術開発に挑戦している方
  • 次世代の技術を活用した事業創出に挑戦している方

必須