開催終了

ハードウェアメーカーの逆襲

目的化するCVCが生むジレンマと
事業の種を生み続ける仕組みについて

6/7(水)
14:00 - 19:30(13:30開場)
31 Builedge YAESU

開催概要

2011年に第4次産業革命という言葉が生まれ、はや6年。変わり続ける市場環境下で勝つため、IoTやビッグデータなど、市場のルールを変えうる技術をいかに取り入れるかが、多くのハードウェアメーカーで経営課題となっています。

本セミナーではハードウェアメーカーの経営企画や新規事業を担当される方々をお呼びします。イノベーションの種を社外から見出そうとするコーポレートベンチャーキャピタル、社内から見出そうとする社内ベンチャーの取り組みについて、ディスカッションを行います。最新の取り組みや、挑戦に伴う苦悩など、現場での課題を紐解くのに役立つ場に頂ければ幸いです。

懇親会では、同様の業務をご担当される方同士の業界を越えた横の繋がりも作っていただけます。是非この機会をご活用ください。

主催:株式会社ユーザベース、株式会社ジャパンベンチャーリサーチ
特別共催:Supernova Inc.

  • 2017年6月7日(水)
    14:00~19:30(13:30開場)
  • 31 Builedge YAESU会議室C
    東京都中央区八重洲2-7-2八重洲三井ビルディング3階
    http://www.mfbm.co.jp/31builedge/yaesu/cp01.html
  • 定員40名

    定員を超過する申し込みがあった場合は抽選となります。その場合、当落に関わらずご連絡いたします。

  • 3,000円

    懇親会参加に関わらず必要になります。当日、会場にてお支払いください。

  • 名刺(2枚)をお持ちください

第1部「CVC編」の講演者

麻生要一氏

株式会社リクルートホールディングス
R&D 新規事業開発室 室長

2006年、株式会社リクルートへ新卒入社。入社2年目に、社内新規事業提案制度「New RING」で準グランプリを獲得。2010年に株式会社ニジボックスを設立、2013年より代表取締役社長 兼 CEOとして約4年間ITベンチャー企業の経営を行う。2015年2月から、スタートアップ企業、研究者やイノベーターの活動を無償で支援する「TECH LAB PAAK」の所長も兼任する。
現在は、2015年より着任した「新規事業開発室」(旧Media Technology Lab.)の室長として、複数の新規事業の発掘・投資・育成を一手に担当。

西城洋志氏

Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.
CEO and Managing Director

九州大学工学部卒業後、ヤマハ発動機株式会社に入社。約20年に渡り表面実装技術とロボット事業においてソフトウェア開発、ソリューション開発および新事業開発に従事。2014年5月よりYamaha Motor Corporation, USA のNew Venture Business Developmentの部長となり、その時期にシリコンバレーのエコシステムを活用した新事業開発の企画・戦略立案を行う。
2015年7月にYamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.設立し、ベンチャー企業への投資を含めた新事業開発活動を行っている。

濱崎省吾氏

パナソニック株式会社
全社CTO室 技術戦略部 (兼)コーポレート戦略本部ベンチャー戦略室
ベンチャリング担当主幹

1991年九州大学大学院工学研究科修了、2012年神戸大学大学院経営学研究科(MBA)修了。 1991年松下電器産業(株)(現パナソニック)に入社、本社R&D部門にてVR/ARとコンピュータビジョンの技術開発を担当。その後、米国Panasonic R&D Company of Americaへ出向し、パナソニック サンノゼ研究所の設立を担当(初代副所長)、 パナソニックベンチャーグループ副所長を兼任。2008年より現職。通算12年間C-VC業務に従事しベンチャー出資と新規事業立ち上げを担当。

古仲大輔氏

株式会社デンソー
東京支社 技術戦略企画室

2005年慶應義塾大学大学院を卒業、トヨタ自動車に新卒入社。本社開発部門で運転支援システムの企画開発に従事。のち、経営コンサルタントを経て、2012年ソフトバンクモバイル株式会社へ入社し新規事業開発業務に従事。ヒューマノイドロボット「Pepper」の事業立上げに参画。アフターサービス領域の日本責任者に従事するも、「大企業イノベーションに貢献したい」との思いから、2016年9月に現職へ転職。現在は東京支社でオープンイノベーション活動を推進し、イスラエルでのスタートアップ探索活動を実施。加えて、新規事業企画活動も画策中。

第2部「スピンアウト編」の講演者

木村忠昭氏

株式会社アドライト
代表取締役

大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務・法定監査業務などに従事。2008年、株式会社アドライトを創業。東京を拠点に、経営企画・経営管理・ファイナンスなどの分野におけるハンズオン支援事業を展開している。特に大企業における新規事業開発・オープンイノベーションについては、その企画立案から戦略策定そして実行支援まで多くの実績を持つ。合わせて、IT、バイオ、Fintechなどのベンチャー企業における、創業出資や役員就任による支援や、アジアやアメリカなどの海外スタートアップ企業への支援も幅広く行っている。

栗島祐介氏

Supernova Inc.
Co-founder & Director(Community Producer)

早稲田大学商学部卒業後、三菱UFJ投信に入社しトレーダー・ファンドマネジャーを経験。その後、アジア・ヨーロッパにおいて教育領域特化型のシード投資を行う株式会社VilingベンチャーパートーナーズCEOを経て、起業家支援インフラを創るスパノバ株式会社を設立。数多の起業家やクリエイターコミュニティに強い関心を持ち、起業家輩出及び起業家育成エコシステム作りに邁進。現在はHardTech領域を主軸に新産業創出を目指す起業家支援コミュニティ「Supernova」の企画・運営総括を行う。

大西圭一氏

Veeple Inc
Sansan事業部

2008年ヤマハ発動機㈱入社。二輪車生産を行う海外工場の生産企画を担当した後、東南アジア各国とインドを中心に製造技術業務に携わる。その後、新事業企画および主にシリコンバレーにおけるCVC業務を担当。現在はヤマハ発動機からプロジェクトをカーブアウトしたベンチャー企業Veeple社にて、産業用IoT領域における事業開発に取り組んでいる。名古屋大学工学修士 マサチューセッツ工科大学経営学修士(MBA)。

長坂剛氏

エーテンラボ株式会社
代表取締役CEO

2006年ソニー株式会社に入社。B2B営業やデジタルシネマビジネスの立ち上げを経て戦略部門マネージャー。SCEにてPlayStationNetowrkのサービス立ち上げに従事。ソニーの新規事業創出プログラムで統括課長として「みんチャレ」を開発。2017年A10 Lab Inc.を設立しソニーから独立。ソフトバンクアカデミア 外部一期生。大企業のイントラプレナーからスタートアップのアントレプレナーに進化した起業家。
A10 Lab Inc.はオープンイノベーションから生まれ、ビジネスモデルもオープンイノベーションを志向しているスタートアップです。

西橋雅子氏

シャープ株式会社
テキオンラボ プロジェクト
プロジェクトリーダー

1992年シャープに入社後、主に商品企画を担当。日本語ワープロ、ザウルス、ネットワーク事業の商品企画、インストラクターを経て、新規事業であった、LED照明事業立ち上げメンバーとして参画。(緊急プロジェクト、現在はBtoC市場から撤退)
2014年より研究開発事業本部にて、開発テーマをいち早く事業化につなげる「事業ブリッジ」活動に取り組み、「蓄熱技術」との出会いから社内ベンチャーTEKION LABを立ち上げる。

タイムテーブル*内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:30

開場(受付)

第1部 CVC編
14:00

基調講演

speakerYamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc. 西城洋志氏

14:50

パネルディスカッション

Panelist
Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc. 西城洋志氏
パナソニック株式会社 濱崎省吾氏
株式会社デンソー 古仲大輔氏
Moderator
株式会社リクルートホールディングス 麻生要一氏

第2部 スピンアウト編
16:00

基調講演

speaker株式会社アドライト 木村忠昭氏

16:50

パネルディスカッション

Panelist
Veeple Inc 大西圭一氏
エーテンラボ株式会社 長坂剛氏
シャープ株式会社 西橋雅子氏
Moderator
Supernova Inc. 栗島祐介氏

第3部 懇親会
18:00

懇親会

19:30

終了