SPEEDA EXPERT RESEARCH

コンプライアンスについて

■ SPEEDA EXPERT RESEARCHコンプライアンスについて

業界知見を有するエキスパートと、その知見を必要とする企業担当者とをつなぐエキスパートネットワーク事業の特性上、コンプライアンスは非常に重要なものと考えています。クライアントおよびエキスパートは、インタビューの実施やコンサルティング等の受託にあたり秘密保持や利益相反について理解しておく必要があります。SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、クライアントが安心して利用し、現職の方や企業に過去所属していたエキスパートにご協力をいただけるようにコンプライアンスの枠組みを構築しています。

SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、クライアントの要望があれば、個別のクライアント向けのカスタマイズされたコンプライアンスのプロトコル導入についても相談を受け付けております。

SPEEDA EXPERT RESEARCHのコンプライアンスシステムについて、お問い合わせの際は以下よりご連絡ください。
問い合わせ先: compliance-sper@uzabase.com

なお、本ページは、コンプライアンスの手法や考え方の概要を説明したもので、全てを網羅するものではありません。
SPEEDA EXPERT RESEARCHでは以下の通り、エキスパート、クライアント、エキスパートが属する事業会社(事業主)、プロジェクト、および社内体制についてそれぞれ整理しております。


■ エキスパートおよび、エキスパートが属する事業会社(事業主)様へ

エキスパート、エキスパートが属する事業会社(事業主)の皆さまに関するコンプライアンスについては、こちらのページをご覧ください。



■ クライアント様へ

ー コンプライアンス担当者による個別対応依頼について
クライアントのコンプライアンス担当者は、コンプライアンス上の観点で必要であれば、SPEEDA EXPERT RESEARCHから推薦されたエキスパートの概要情報の確認やコンプライアンス上の質問などをインタビュー実施前に行うことも可能です。

ー SPEEDA EXPERT RESEARCHを介したコミュニケーションについて
SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、エキスパートとクライアントのやりとりについては、SPEEDA EXPERT RESEARCHの事務局が介在しています。基本的にインタビューやコンサルティングが実施される前のすべてのコミュニケーションについて、コンプライアンス上リスクのあるやり取りが発生しないようSPEEDA EXPERT RESEARCHの事務局にてモニタリングしております。
コンプライアンスの取り組みについて、さらに知りたい場合は、 compliance-sper@uzabase.comまでご連絡ください。

ー 案件依頼や実施について
クライアントは、案件のご依頼やインタビューの実施にあたり以下のルールを順守していただく必要があります。
・エキスパートに対して、第三者に対して負う合意事項や義務に反するようなプロジェクトへの参加要請は行わないでください。
・エキスパートに対して自らが秘密保持義務を負っている情報(重要な非公開の情報を含む)の提供を依頼しないこと
・エキスパートからの回答内容や関連情報についても守秘義務の対象とし、事前の承諾なく公開する、または第3者に提供することがないこと
・インタビューもしくはコンサルティング最中に、エキスパートが自らの負っている守秘義務に違反する恐れが生じたり、利益相反の可能性等、議論の対象が言及するべきではない分野に及ぶ恐れがあるようなご依頼は避けてください。また、そのようなご依頼をされた場合、エキスパートより当該インタビューを中断していただくこととなっております。



■ 案件(プロジェクト)について

ー 案件受諾におけるスクリーニング
案件を受諾するにあたって、SPEEDA EXPERT RESEARCHの事務局担当者は、求められる情報やエキスパートがSPEEDA EXPERT RESEARCHのコンプライアンスルール上問題ないかどうかを確認します。必要に応じてクライアントに追加情報を依頼し、内容によっては法務・コンプライアンスチームに協力を仰ぎます。

ー クライアント向けスクリーニング
SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、クライアントの要望に応じて、プロジェクトごとのカスタマイズされたコンプライアンスルールの適用も可能です。例えば、コンプライアンス観点でのスクリーニング質問の適用、エキスパート選択においてクライアント側のコンプライアンス担当者による事前承認、特定の同意書へのエキスパートの同意などを適用することも可能です。

ー 記録管理
SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、依頼されるすべての案件についてコンプライアンスチームのレビューを行っています。過去の依頼内容や実施したエキスパートの情報については、すべて自社のデータベースに記録しています。過去を含めてコンプライアンス上問題のある案件が認められた場合は、クライアントおよびエキスパートに確認を行い、再発防止のため必要に応じてクライアントの利用停止、またはエキスパートの登録抹消を行います。



■ ユーザベースグループの従業員や社内体制について

ー コンプライアンスのトレーニング
ユーザベースグループでは、すべての従業員に対してコンプライアンスに関する教育を施しています。この研修では、利益相反、秘密保持、インサイダー取引などの理解をすることを目指しています。

ー コンプライアンス内部体制について
ユーザベースグループでは、コンプライアンス責任者を含めたコンプライアンス体制を構築しております。現場の担当者は、コンプライアンス上のリスクを感じた際には、いつでもコンプライアンスチームに問い合わせて対応を協議することが可能です。コンプライアンス責任者やアドバイザーからなるコンプライアンスチームは、リスクのある案件については事前にチェックができるように案件のモニタリングを行っています。コンプライアンス対応実績については、定期的にマネジメントチームに報告を行い、必要に応じてさらなるコンプライアンスルールの整備を行っています。