SPEEDA EXPERT RESEARCH

#新規事業開発 お役立ち資料 2022/12/2更新

外部知見が差をつける! 企業利用が拡大する「エキスパートネットワークサービス(ENS)」とは

企業利用が拡大する「エキスパートネットワークサービス(ENS)」とは

エキスパートネットワークサービス(以下、ENS)をご存知でしょうか。

国内でも急速に普及しつつあるため、聞いたことがある方もいるかもしれません。

私たちが日々の意思決定を行う際、多角的な情報が必要になります。

そのために、社内で知見のある方に話を聞いたり、外部のコンサルタントに依頼して情報を集めますが、自分の知らない分野では、誰に耳を傾けるべきかわからないことが多いのではないでしょうか。

他方で、私たちが必要としている専門知識を持っている方でも、自分の知見がどこで必要とされるのかわからない人も多くいます。

そこで、このような専門知見へのニーズに対し、適切なエキスパートをみつけ、タイムリーにインタビューの場をアレンジするサービスが、ENSです。

本記事では、VUCAの時代、意思決定の精度やスピードがますます求められるこれからの企業にとって必要なENSの市場動向や、ENSが提供する価値についてお話ししたいと思います。

Speaker

川口 荘史

川口 荘史

ユーザベースグループ執行役員
(株)ミーミル 代表取締役社長 CEO

島根県出雲市出身。大学院にて概日リズム研究に従事。投資銀行を経て世界一周した後に、複数のベンチャーの創業に参画、2017年に株式会社ミーミルを創業。2020年ユーザベースグループに参画。1児の父。

ENSが誕生した背景と、企業に広がる活用

冒頭でご紹介した通り、ENSは意思決定をサポートするサービスとして、信頼できるエキスパートを見つけ出し、その知見を求めている人々に対してあらゆる種類の知見を迅速に結びつけ、人々の知見を流通させる役割を担っています。

同サービスにおける代表的な企業としてはGLG(Gerson Lehrman Group、ガーソンレーマングループ)が有名です。ほかにもグローバルでは多くのプレーヤーがビジネスを展開しており、特に北米や欧州でENS活用は広く普及しているように思います。

ENSは、専門的な情報や業界知識をリアルタイムで取得し、他社に対して競争力を確保していくことを重要視している金融業界でまずは取り入れられてきました。

かつてはENSについて「ウォール街以外では誰にも知られていない」と言われていましたが、近年では金融だけではなく、他の業界にも利用が拡大しています。

日本でも、ENSは効率的な情報取得方法として、コンサルティングファームを中心にこの数年で急拡大しつつあり、さまざまな企業が活用するようになってきました。

多角的かつ信頼できる専門知見の獲得が、意思決定の精度とスピードを高める

ENSが企業に求められるようになったのはなぜでしょうか。

それは、変化の激しい時代においては、仮説を構築し、検証し、意思決定していくスピードが企業の成長を大きく左右するからです。

ニーズが多様化し、専門性もますます細分化する現代において、必要な知見を持ったすべての人を組織の中に確保することは非現実的です。

しかし、ENSを使えば、多角的かつ信頼できる1次情報に一足飛びにたどり着くことができます

これが今、ENSが求められる理由です。

特に企業の場合、新規事業や事業開発、M&Aといった場面で、知見のない領域における意思決定が求められます。こうした非連続の機会は企業にとって大きな成長機会をもたらす一方で、意思決定の難易度は格段に上がります。

こうした状況において、知見のない領域においての意思決定の根拠を得るために、様々な方法で情報を収集していきます。

ただ、情報が集まればよいかというと、情報が集まったとしても実はこの事実情報の解釈が難しい。なぜなら、該当の業界や領域に関する専門的な知識や経験を持ち合わせていない場合、情報の見方や読み取り方がわからないからです。

そこで、ENSを使えば専門性をもった人々の情報の見方や解釈についても、迅速に得ることができる。こうしたことで飛躍的に意思決定の精度とスピードを高めることができるのです。

意思決定をする際には、社内での事業関係者やコンサルタントや顧問など多くの業界関係者に意見を求めることもあるでしょう。

それらの方々の提案や意見に沿って決定することもあるかもしれません。

ただ、情報として獲得することと意思決定を事実上委ねてしまうことは大きな違いがあります。

結果的に、多数の専門家から多角的な知見情報獲得ができることで、より主体的な意思決定が可能になるともいえるのです。

だからこそ、ENSでも対立意見も含め多角的に情報を得て、自分の中で比較検討と解釈をすることが大切です。一人の意見を聞いたまま判断するのではなく、比較検討と解釈によって、より確からしいストーリーを組み立てることこそが重要です。

専門性の高い情報を取り入れた意思決定は、個人ではもはや当たり前。

人によっては、多角的な情報を解釈して意思決定することが難しいと感じる方もいるかもしれません。

しかし、個人の意思決定においては、物を購入するときや旅行のときなど、私たちは日々、多角的に情報を取り入れて判断しているはずです。

レベルや表現は違えど、 NewsPicksやネットニュースのコメントなどがまさにそうですね。

例えば、新しい商品が出たとき、企業側の発信だけをみて購入するのは躊躇う人も多いはずです。企業からの情報に加えて、購入者のレビューでいい点・悪い点を見て意思決定していませんか?

Newspicksの記事も同じです。記者が書いた記事に加えて、様々な人が独自の切り口で、その記事をどのように捉えているのかを知ることに価値があると思います。

つまり、個人では、専門性の高い情報を理解したり、意思決定する際に、詳しい人の意見情報を取り入れることは当たり前になっているのです。

企業の中でも、外部のコンサルタントを雇ったり、社内でいろんな人の意見を聞いて意志決定したり、専門性の高い情報を取り入れることの有用性は誰もが認識しているはずです。

それをもっと早く、一気にエキスパートの意見を集めましょうというのがENS。

こう考えると、決して難しいことではないとお分かりいただけるのではないでしょうか。

ENSは非連続な成長が求められるこれからの企業に欠かせない存在へ

私はこれからの企業の成長において、外部人材からのナレッジ活用はますます欠かせないものになると考えています。

企業は意思決定の連続で成り立っているので、ナレッジ活用によってその精度が高まり、スピードが速くなるということは、純粋に事業スピードに結びつくからです。

当然、外部人材の前に、社内に蓄積されたノウハウや知見情報もとても大事です。

ただ、こうしたノウハウなどを活用して自前主義でやってきた企業も、これからの時代は異なる業界間での価値の結びつきによるイノベーションも重要になってきます。

競争スピードが速くなり、プロダクトのライフサイクルも短くなっている今、外部の知見をうまく活用できない企業は厳しくなるだろうなと感じます。

クライアントからも、エキスパートからも選ばれる、ENSプラットフォームへ

MIMIRでは、「SPEEDA EXPERT RESEARCH」としてENSを含む様々な形態の専門家知見の活用機会を提供していますが、これから下記の3点を主に強化していきたいと考えています。

一つ目は、情報プラットフォームとの連携、すなわちSPEEDAとのプロダクト融合。実はグローバルのトレンドとしても、業界や企業情報のプラットフォームとENSが融合していく動きがあります。意思決定のための情報活用という観点では、これらは同じプラットフォームでシームレスに情報を扱えた方が圧倒的に効率的です。

二つ目は、エキスパートと一緒に世界観を広げていく仕組み作り。得られる知見は高品質であればあるほど良い。中長期では、プラットフォームにおけるエキスパートの品質の重要度が高くなっていきます。だからこそ、高い知見を持つエキスパートに選んでもらえる、継続的に協力していただけるプラットフォームであることもとても重要です。

そのために、エキスパートとして活躍したことに価値を還元できるような評価の仕組みを実装していきます。

そして、三つ目は依頼者のマッチング精度を高めるための仕組み作りです。

ここには二つ目のエキスパートの評価制度も活用できます。

プラットフォームに蓄積された知見情報や実績と評価から、依頼内容にマッチしたエキスパートが推薦されることで、依頼者が安心して信頼できるエキスパートに依頼をし、回答情報を活用できるようになります。

誰もが投資した時間に見合った価値を享受できる、クライアントからもエキスパートからも選ばれるプラットフォーム。

そんなENSの新しい姿を私たちは目指していきたいと考えています。

【あわせて読みたい参考資料】

エキスパートネットワークサービスと他の調査手法の違いを解説

「SPEEDA EXPERT RESEARCH」は、 ビジネスの「知りたい・わからない」ことを、確かな経験をもつ最適なエキスパートから知見を獲得できるサービスです。変化の激しい時代の中、新たな事業開発や経営計画は未知で不確実な事柄を絶えず調査する必要があります。

調査手法のひとつとして、なぜいま外部知見の活用が求められているか、資料としてまとめています。ぜひご活用ください。

SPEEDA EXPERT RESEARCHでは、
現役の経営者やコンサルタント、技術者・アナリスト・研究者など
国内約2万人+海外約11万人、560業界・最先端領域の
多様な業界のエキスパートのナレッジを活用いただけます。

新規事業開発部門においても、たとえば、以下のようなシーンでエキスパートへのご相談が可能です。

ご利用シーン

  • オープンソースでは得られない、業界市場の深い情報・知見がほしい
  • 戦略策定や参入検討において、業界市場の将来性を把握したい
  • 新規事業アイディアや仮説に対して、フィードバックがほしい

ご相談事例(※イメージです)

  • 半導体市場の産業構造やトレンドについて
  • 新規事業の立案・推進にともなう新規部門のあるべき体制
  • 新規事業の立案・推進にともなう事業投資・M&Aの考え方

このような課題をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせください。

一覧にもどる