WHITEPAPER

経営企画担当者227名への意識調査から分析

日本の経営企画部の課題とトレンド

日本の経営企画部の課題とトレンド

1990年代から始まったインターネットの普及により、世の中に流通する情報量は爆発的に増加、私たちの生活は大きく変化しました。ビジネスシーンにおいても、多種多様な大量の情報を収集、分析し、知的労働に活かすことは、企業を成長させる上で非常に重要です。

中でも特に多くの情報を取り扱わなければいけない経営企画部。 中期経営計画策定、M&A、新規事業、海外展開など、経営企画部の業務は多岐に渡ります。国内外・社内外の大量の情報を処理し、企業の競争力を高めなければいけません。

企業を左右する重要な意思決定を担い、中長期的に企業の未来を作る事こそが経営企画部のミッションです。

しかし、経営企画部意識調査により、多くの経営企画部が情報収集や資料作成などの短期的な業務に忙殺されていることがわかりました。

この資料では、227名の経営企画担当者をアンケート調査結果を元に、経営企画部の直面する課題と理想についてレポートします。また、攻めの経営企画部に変革するための方法についても、ご紹介します。

目次

  • 経営企画部のミッションとは
  • 経営企画部の理想と現実
  • 膨大なビジネス情報を全社的な視点から経営の意思決定に活かす経営企画部の存在がより重要に
  • case1 日本たばこ産業株式会社
  • case2 リクルートホールディングス株式会社
  • case3 株式会社ディー・エヌ・エー
  • 「攻める」経営企画部がビジネスを大きく成長させる
  • SPEEDAが実現する3つの革新

お申し込みフォーム

以下のフォームに必要事項を入力の上、[送信]をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。

革新的な利便性

7日間無料トライアル受付中。

世界中の市場規模や業界動向、参入プレイヤー、財務状況、統計データの把握を簡単に。

今すぐ無料トライアル
革新的な利便性

3分でわかるSPEEDA

SPEEDAの具体的活用シーンを資料で10分でチェック。

今すぐ資料請求