WHITEPAPER

生産性✕働き方改革

【分析レポート】生産性 働き方改革の現状と対策

現代日本では、労働時間の長さに対し、生み出す付加価値が低い、つまり生産性が低いことが大きな問題となっています。生産性の低さは先進国の中でも顕著で、就業者数が大きく減少する将来、この課題はさらに深刻化すると考えられます。

2016年9月に内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置され、企業各社でも「働き方改革」に取り組む動きが加速しています。

当レポートでは、大きな潮流である「働き方改革」の背景となった、日本の生産性の現状、解決すべき課題を各種データの分析より明らかにし、その対策の方向性を示します。さらに課題解決に寄与しうるサービスの紹介や、生産性が向上した事例紹介なども含めています。

目次

  • 日本の生産性の現状と課題
  • 生産性改善、働き方改革の対策の方向性
  • 生産性改善に寄与するサービス
  • 生産性改善の参考事例

 

※本レポートは、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」内のコンテンツ「テーマレポート」の1タイトルです。SPEEDAでは様々な業界や注目されているトピックなどを専属アナリストが分析し、レポートとして掲載しています。

お申し込みフォーム

以下のフォームに必要事項を入力の上、[送信]をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。

革新的な利便性

7日間無料トライアル受付中。

世界中の市場規模や業界動向、参入プレイヤー、財務状況、統計データの把握を簡単に。

今すぐ無料トライアル
革新的な利便性

3分でわかるSPEEDA

SPEEDAの具体的活用シーンを資料で10分でチェック。

今すぐ資料請求