ダウンロードする

近年、企業を取り巻く経営環境は目まぐるしく変化し、さまざまな新技術、業界変革、イノベーションの波は留まることを知りません。そんな中、多種多様な大量の情報を収集、分析し、知的労働に活かすことは、企業を成長させる上で非常に重要です。

あらゆるビジネスシーンにおいて膨大な情報処理が課題になる中で、特に多くの情報を取り扱わなければいけない経営企画部。中期経営計画策定、M&A、新規事業、海外展開など、経営企画部の業務は多岐に渡り、それぞれで大量の情報をタイムリーかつ的確に入手し、自社の戦略考案で役立つよう処理をしなければいけません。

一方で、経営企画部意識調査により、多くの担当者が情報収集や資料作成などの短期的な業務に忙殺されていることがわかりました。

この資料では、180人の経営企画担当者へのアンケート調査結果を元に、経営企画部の直面する課題と本音についてレポートします。また、攻めの経営企画部に変革するための方法についても、ご紹介します。

こんな方にオススメ

ハイライト

目次

※本資料は、企業・業界情報プラットフォーム"SPEEDA"を提供する株式会社ユーザベースの作成レポートです。詳しくはこちらをご覧ください。

お申し込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご入力の上、[送信]をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。