【セミナーレポート】産業構造を変革する技術戦略~カーボンニュートラル時代に向けた成長戦略の本質とは~

レポート概要

2020年10月、日本政府は「2050年カーボンニュートラル宣言」を発表し、グリーン成長戦略を打ち出しました。ESG投資への機運の高まりと相まって、社会課題解決を起点とした事業創出の機会と捉えて取り組む企業が生き残るといえるのではないでしょうか。そこで、カーボンニュートラルを自動車産業と電力産業の視点から議論すべく、2名のエキスパートの方をゲストにお迎えしたセミナーのレポートをお届けします。

脱炭素社会を実現する上での本質的な課題は何なのか。社会課題解決型ビジネスの社会実装に日本企業が苦戦するのはなぜなのか。打破するために必要な思考プロセスは何なのか。事実を正確に捉え、今すべきことを示唆しながらも社会課題に切り込む、お二人の豊富な知見と思考を交えた対談となりました。

≪レポートサマリー≫
・複数の業界が相互協力し合い、カーボンニュートラル社会を目指す
・脱炭素社会におけるエネルギーの鍵は、「需給バランス」と「需要の創造」
・ライフサイクルアセスメント(LCA)で、CO2排出ネット・ゼロを目指す
・サーキュラーエコノミー x シェアリングエコノミーに、日本のものづくりの強みを生かす
・業界・産官学の垣根を越えた連携で、カーボンニュートラル社会を実現

≪ゲスト≫
自動車環境経済コンサルタント 二見 徹 氏
合同会社エネルギー経済社会研究所 代表取締役 松尾 豪 氏

こんな方におすすめ

  • カーボンニュートラル社会の実現に向けた事業に挑戦している方
  • 業界や産官学を越えた連携を通じ、事業創出に挑戦している方
  • カーボンニュートラル関連事業を加速させるヒントを得たい方

必須