7日間かかる
市場分析
たった1時間に。

SPEEDAは様々な市場データや業界レポートを格納した、情報収集を効率化し、企業の進化を加速するクラウドサービスです。

時価総額TOP1007
1,500社超
の企業が導入。

SPEEDA導入後に感じたメリットTOP3 SPEEDA導入後に感じたメリットTOP3

※SPEEDAユーザー様へのアンケート調査結果より
(2021年1月実施)※複数選択可

導入企業の活用例

市場分析や競合調査、
経営の意思決定を支える
経済情報プラットフォーム。

業界分類
560業界
業界レポート
3,000部以上
ビジネスレポート
2,000媒体
上場・非上場企業
950社以上
スタートアップ
15.2社以上
M&A案件
195
IR・統計
10統計
トレンド
90部以上
登録エキスパート
8,000
特許動向
332分類

情報の幅を広げ、
発想の起点をつくる。

有料版と同じコンテンツ・機能をすべて無料でご利用いただけます。トライアルから自動更新・課金されることはありません。開始日もご相談可能です。

SPEEDA
実現できること

Management
Planning

経営企画

  • 業界調査の大幅なスピードアップ
  • 調査の幅を広げ、インサイトを取得
  • 意思決定に必要な情報を網羅的に取得
New Business
Development

新規事業開発

  • 市場規模やトレンドの素早い把握
  • チームの共通認識の醸成
  • 開発スピードと成功率の向上
Technical
Development

技術開発

  • 技術情報の把握
  • 技術市場・特許動向の調査

560業界毎に、概要・市場環境・競争環境をまとめた独自レポートを格納しています。また、5GやAIなどといった最新テクノロジー・ビジネスについてまとめた90以上のトレンドレポートも収録。

開示されている企業の業績・財務情報を網羅しており、それらを簡単に検索・可視化することができます。競合分析や顧客分析、投資対象の分析などにお役立ていただけます。

全世界の180万件以上のM&A案件データが格納されており、M&Aのための過去の類似案件や競合案件の分析などを短時間で行うことが出来ます。M&A案件の検討の際にお役立ていただけます。

User's Voice

丸1日かかっていた資料作成が “ワンクリック”でたった3分の仕事に。おかげで、付加価値を生む仕事に集中できています。

様々な業界の市場データを豊富に格納しており、独自業界レポートやトレンドレポート、ニュースの内容と合わせて見ることで、市場の現状と将来性を把握することができます。

同業界の主要プレイヤーの各種経営指標を一覧で比較することが出来ます。ベンチマークすべき企業の経営状況をクイックに把握することが可能になり、競合の動きを踏まえた戦略策定が行いやすくなります。

ターゲットリスト作成機能を利用すれば、様々な検索条件に当てはまる企業リストを一瞬で作成することが可能です。提携先や投資先候補、また新規営業先企業のリストアップにご活用いただけます。

User's Voice

時間コスト削減と発想力アップで、ビジネスアイデアの企画立案・実現のスピードが急加速しました。

量子コンピューターや次世代電池等の最新技術などの成長ビジネスについてまとめた「トレンド」レポートを90種類以上収録。主要各社の取り組み事例などを最新動向とともに把握することができ、技術戦略や新研究テーマ検討のヒントを得られます。

独自の特許分類ごとに自社及び競合企業の技術動向を分析することができる「特許動向」検索機能を保有。特許データと財務のデータを組み合わせた分析等により、技術と経営の連携起点を創ります。

グローバルなスタートアップ企業の条件検索・リストアップと海外含むビジネスニュースでの社名検索をリサーチ。M&A等の出資企業情報も掛け合わせて、着目する技術・研究の先行事例等をビジネス情報からベンチマークできます。

User's Voice

SPEEDAの活用も通じて、経営層や事業部とのIPランドスケープ推進を加速しています。

SPEEDAはその他も
さまざまな機能を備えています

情報の幅を広げ、
発想の起点をつくる。

有料版と同じコンテンツ・機能をすべて無料でご利用いただけます。トライアルから自動更新・課金されることはありません。開始日もご相談可能です。

分析・発想の起点をつくる3つの支援

30分以内に初期回答、
専属コンサルタントによる
調査・分析サポート

「データが見当たらない」
「どうやって探せばいいか分からない」
「世の中にデータが存在するか分からない」

そんな時はSPEEDAのサポートデスクにお問い合わせください。
経験豊富なプロフェッショナルが30分で初期回答を行います。

サポートデスクへのご相談例

データの加工
・ 手元の顧客リストへの売上高などのデータを付与したい
・ 財務データが自動更新される資料テンプレートを作成したい
SPEEDAを用いた企業・業界の調べ方
・ ○○会社について調べているが、どこを見ればよいか?
・ 特定の製品に関する市場規模や主要プレイヤーを調べたいが、どうすればよいか?
SPEEDAの使い方
・海外売上高比率を抽出できるかを知りたい
・各社の決算説明会資料が見たい

カスタマーサクセスチームによる
各ユーザー様にカスタマイズした
導入支援プログラム

お客様のSPEEDA導入後のスムーズな運用と、導入効果を最大化するため、運用支援サービスをご用意しております。

カスタマイズした導入支援の具体例

・ キックオフmtgに基づいたご利用シーンの設計
・ 活用すべきSPEEDA機能のご提案・操作方法のご案内
・ ニュースアラートのおすすめシナリオのご提案

組織の変革者を取り上げた
セミナーを随時開催

SPEEDAでは「自ら組織を変革しようと取り組む変革者を応援する」ことをコンセプトにユーザーや一般の方々のご参考となるセミナーを随時開催しております。様々な分野で活躍する変革者の方々の、リアルな知見をお聴きいただけます。
チャットやQAなどを通じた、インタラクティブなコミュニケーションから、この場でしか得られない学びを得ていただけます。

よくある質問

Q&A
Q 価格についておしえてください。
A ご利用人数に応じた月額制となっています。
具体的な料金につきましては、こちらのフォームより料金表をダウンロードいただけます。
Q SPEEDAに収録されているデータ・コンテンツの情報ソースはどこですか?
A 情報ソースは主に3つございます。
・外部のデータサプライヤ企業(※)から弊社ユーザベースが購入しているもの
・各企業様が発表されているIR情報や、官公庁等が発表されている統計資料等の公開情報
・弊社専属のアナリストが執筆している各種レポート

※サプライヤー(一部 / 敬称略):東京商工リサーチ、富士経済ネットワークス 他
他にも多数のサプライヤー様にデータを提供いただいております。詳細は資料をご請求ください。

収録データ・コンテンツの詳細はこちら
Q SPEEDAはどのような環境で利用できますか?
A SPEEDAはインターネット環境さえあれば、時間・場所問わずPCのブラウザ上でご利用いただけます。
インストール等は必要なく、ブラウザ画面上でログインしていただければご利用可能です。
具体的な推奨環境につきましてはこちらをご覧ください。
Q 導入時・導入後のサポート体制はありますか?
A 導入時のサポートや研修などの導入支援、および通常利用時のコンサルティング・サポートサービスをご用意しております。
企業様毎の特別研修等のご相談も承っております。
Q トライアルはできますか?
A 7日間の無料トライアルを行なっていただけます。こちらよりお申込みください。
1営業日以内に担当よりトライアルアカウントのご案内をいたします。(※)
トライアル開始日のご希望がある方は、その際に担当にお伝えください。

トライアルでは有料版と同じ機能・コンテンツ、サポートデスクをご利用いただけます。
(一部ダウンロード制限等がございます。)

また、トライアル終了時には特別な手続き等は必要なく、料金が発生することもございません。
※企業様向けのサービスとなりますので、学生の方・個人でのご利用はご遠慮いただいております。
また、トライアルアカウント発行に際しては簡単な審査をさせていただきます。

経済情報で、世界を変える。

私たちは、世界中で愛される経済情報インフラをつくります。
あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出し、
ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放します。
私たちは経済情報を通じて世界中の意思決定を支え、世界を変えます。

情報の幅を広げ、
発想の起点をつくる。

収録コンテンツ

日本・アジアの未上場企業 約950万社や3,000部以上の国別業界レポートなど、ニッチな情報までカバーしております。

分類 ガバレッジ 主な掲載データ

企業

日本

上場

3,800
(全上場企業)
・会社概要
・財務諸表
・詳細財務
・市場データ(株価etc)
・マルチプル
・ベータ
・開示資料
・IRデータ
・ニュース / 人事情報

未上場

140
・会社概要
・基本財務*
・有料信用調査レポート(東京商工リサーチ)
*一部企業のみ

世界

上場

6
(全上場の99%以上)
・会社概要
・財務諸表
・詳細財務
・市場データ(株価etc)
・マルチプル
・ベータ
・開示資料
・IRデータ
・ニュース / 人事情報

未上場

690
(アジア中心)
・会社概要
・基本財務*
・有料信用調査レポート
*一部企業のみ
業界 560業界

3,000部以上のSPEEDA業界レポート

(世界: 200、日本: 500、中国: 300、マレーシア: 300、 インドネシア: 300、
米国:300、インド:300、タイ: 250、シンガポール: 250、他)
アナリストの手動業界紐付け、及びSIC分類に基づいたプレイヤー一覧
約2,500部の無料業界・商品レポート

トレンド 90レポート以上
・次世代電池
・空飛ぶ車
・サブスクリプション
・水素エネルギー
・スマートファクトリー
・5G
・インバウンド
・VR/MR/AR
・EdTech  など
ニュース 160媒体以上(日本)
2,000媒体以上(海外)
・経済メディア
・業界・専門メディア
・その他、海外情報、人事情報など
マクロ 200カ国以上 ・基本マクロデータ: 世界各国(国連、世銀、IMFなど)
・詳細マクロデータ: 日本 (統計局)、中国 (中経)
M&A案件 195件以上
・案件概要(形態、観測日、発表日など)
・関与者(ターゲット、買い手、売り手)
・取得価格
・アドバイザー、投資家、
アンダーライター、履歴、
メールアラート
登録エキスパート 7,000人(国内)
1,000人(海外)
・現役の経営者やコンサルタント ・技術者
・アナリスト ・研究者 など
企業

日本

上場

3,800
(全上場企業)

未上場

140

世界

上場

6
(全上場の99%以上)

未上場

690
(アジア中心)

業界

560業界
3,000部以上のSPEEDA業界レポート
(世界: 200、日本: 500、中国: 300、マレーシア: 300、 インドネシア: 300、米国:300、インド:300、タイ: 250、シンガポール: 250、他)
アナリストの手動業界紐付け、及びSIC分類に基づいたプレイヤー一覧約2,500部の無料業界・商品レポート

トレンド

90レポート以上
・次世代電池
・空飛ぶ車
・サブスクリプション
・水素エネルギー
・スマートファクトリー
・5G
・インバウンド
・VR/MR/AR
・EdTech  など

ニュース

160媒体以上(日本)
2,000媒体以上(海外)
・経済メディア
・業界・専門メディア
・その他、海外情報、人事情報など

マクロ

200カ国以上
・基本マクロデータ:
世界各国(国連、世銀、IMFなど)
・詳細マクロデータ:
日本 (統計局)、中国 (中経)

M&A案件

195万件以上
・案件概要(形態、観測日、発表日など)
・関与者 (ターゲット、買い手、売り手)
・取得価格
・アドバイザー、投資家、アンダーライター、履歴、
メールアラート

登録エキスパート

7,000人(国外)
1,000人(海外)
・現役の経営者やコンサルタント ・技術者
・アナリスト ・研究者 など

※2020年9月時点