【オンラインH2Hセミナー】事業変革を生み出すデジタルシフト

2020年4月17日(金)11:00〜12:00

Analyst Analyst

イベント概要

企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、テクノロジーを活用してビジネスモデルを変革することは、非連続な企業の成長戦略を描く上で不可欠と言えます。業種業態を超えた新たな事業開発にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、株式会社ブリヂストンで執行役員CDOとして全社のビジネスモデル変革を推進された後、2020年1月より新設された出光興産株式会社デジタル変革室の室長を務める三枝幸夫様にお話をしていただきます。

現職でも働き方改革と新規ビジネス創出を担う三枝様に、事業変革を実現するために大切なことや課題解決に必要なデジタルシフトの推進方法など、これまでの経験に基づいたリアルなお話を語っていただきます。

本セミナーは視聴者だけでなく、出演者自身も自宅から出演いただく形式の「Home to Homeセミナー(H2H)」です。 自宅からだからこそお伝えできる有意義なコンテンツを配信してまいります。 応募いただいた方へのみ、視聴用のURLをご案内いたしますので、皆さまもぜひご自宅よりご視聴ください。

こんな方におすすめ

  • デジタル技術の活用によるビジネスモデル変革を模索されている事業開発・経営企画担当の方
  • 新規事業立案や既存事業の新しい顧客価値創造を担われている方
  • デジタルトランスフォーメーションの推進で悩まれている方

開催概要

開催日

2020年4月17日(金)11:00〜12:00

参加料

無料

視聴方法

Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

11:00 開会あいさつ
11:10 三枝様ご講演
11:30 SPEEDA紹介
11:40 パネルディスカッション
12:00 終了

出演者

三枝幸夫氏

出光興産株式会社 執行役員デジタル変革室長

1985年ブリヂストンに入社。生産システムの開発、主に制御システムや生産管理システム開発、工場オペレーション等に従事。 2003年から6年間、アメリカに駐在、生産マネジメント実施。2013年に工場設計本部長となり、生産拠点のグローバル展開を用地選定から工場設計、事業立ち上げ推進に従事。 2016年に執行役員となり、スマート工場化、マーケットドリブン型のスマート工場へと工場のインテリジェント化などを推進後、2017年よりCDO・デジタルソリューション本部長となり全社のビジネスモデル変革とデジタルトランスフォーメーションを推進。タイヤを売らずに稼ぐというようなソリューションモデルモデル(Tire As a Service)をはじめ、全社のデジタルトランスフォーメーションをリード。 2020年1月より出光興産株式会社 執行役員デジタル変革室長。

酒居 潤平

株式会社ユーザベース 執行役員(B2B SaaS事業マーケティング&ブランディング担当)

慶應義塾大学経済学部を卒業後、三菱東京UFJ銀行(現 三菱UFJ銀行)入行。その後、起業、Sansan株式会社勤務を経て、2017年に株式会社FORCASへ参画。マーケティング&インサイドセールスマネージャーとして部門の立ち上げに従事。2019年よりマーケティング&ブランディングマネージャーを担当。ABMの実践に取り組む。2020年1月より株式会社ユーザベースへ転籍し、執行役員(B2B SaaS事業マーケティング&ブランディング担当)に就任。

必須

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。