利益とウェルビーイングを調和する 丸井の人的資本経営とは

2022年6月7日(火)11:00〜12:15

Analyst Analyst

イベント概要

外部環境や競合環境が急速に変化する現代の企業経営においては、柔軟かつ迅速に対応できる組織力、すなわち人的資本が重要になっています。昨年のコーポレートガバナンス・コードの改定や、先日公表された経済産業省による「人材版伊藤レポート2.0」などからも分かるように、投資家も中長期的な企業価値を測る指標として人的資本を重要視しています。

そこで今回は、ゲストに株式会社丸井グループ 取締役 常務執行役員 CFO IR・財務・サステナビリティ・ESG推進担当の加藤 浩嗣 氏をお迎えし、人的資本経営について伺います。モデレーターはスタートアップ企業のCFO及び財務アドバイザリーを実践している株式会社インテグリティの田中 慎一 氏です。2007年から7年間経営危機を経験した丸井グループは、「人の成長=企業の成長」を企業理念に掲げ、業績至上主義からの脱却と企業文化の変革に取り組まれてきました。

企業理念や中期経営計画を、いかに社員に浸透させて自主参加を促すのか?財務情報として顕在化しない人的資本をいかに定義し、投資を行っているのか?など15年以上の年月をかけ、自己変革を遂げた丸井グループの事例を加藤氏に伺いながら、「利益とウェルビーングの調和」のヒントについて田中氏の解説を交えて紐解きます。是非、企業変革に取り組む皆様にご視聴いただきたい内容となっております。お気軽にご参加ください。

こんな方におすすめ

  • 企業価値向上にむけて、企業変革に携わられている経営層・経営企画部の方
  • イノベーションの創出を仕掛けられている事業部の方
  • 人的資本経営の実践を模索している方

開催概要

開催日

2022年6月7日(火)11:00-12:15(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信となります。配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

対談セッション「利益とウェルビーイングを調和する 丸井の人的資本経営とは」

TOPIC1:なぜいま人的資本経営が求められるのか
TOPIC2:丸井の企業文化を変えた人的資本経営とは
TOPIC3:企業変革において大切なこととは

出演者

加藤 浩嗣 氏

株式会社丸井グループ 取締役 常務執行役員 CFO
IR・財務・サステナビリティ・ESG推進担当
株式会社D2C&Co.代表取締役社長

1987年㈱丸井(現㈱丸井グループ)入社。丸井営業店での販売、クレジット契約業務、本社での経理財務部門、経営企画部門を経験後2013年経営企画部長に就任。2015年にIR部新設に伴いIR部長を兼務。また、2017年のESG推進部、2019年のサステナビリティ部新設時より担当役員。2015年から経営企画部長としてスタートアップ企業への投資に携わり、2020年に設立したD2Cスタートアップ企業への投資・協業などを通じてD2Cエコシステムを支援する新会社㈱D2C&Co.(㈱丸井グループ100%出資)の社長を兼務。 早稲田大学政治経済学部卒

田中 慎一 氏

株式会社インテグリティ 代表

慶応義塾大学経済学部卒業後、あずさ監査法人、大和証券SMBC、UBS証券等を経て現職。監査法人、投資銀行を通じて会計監査、IPO支援、デューデリジェンス、M&A・事業再生・資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。 現在は、アドバイザリーサービスに加えて、スタートアップ企業のCFO、買収後の企業変革を推進するターンアラウンドに取り組む。 著書に『コーポレートファイナンス戦略と実践』『役員になれる人の「日経新聞」読み方の流儀』『あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座』『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』等がある

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。