SPEEDA R&Dって何ができるの?
「新市場を切り拓く知財×ビジネス分析」編

2022年6月9日(木)11:00〜12:00

Analyst Analyst

イベント概要

企業成長を導く鍵として知的財産への期待が高まり、IPランドスケープの活用や、コーポレートガバナンスコード改訂に伴う知財・無形資産の開示による新たな投資獲得サイクルへの期待など、各社の知財活動に変革が起きています。経営と知財の融合が求められる中、どのように知財・技術情報を分析し、未来の事業シナリオを描くのか、模索されている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は2名のシニア知的財産アナリストをゲストにお招きし、既存技術を応用して新市場へ展開するシナリオを導き出すために、『SPEEDA R&D』をいかに活用しているのかお伺いします。お一人目は、株式会社リコー 知的財産センターにて情報解析を活用した研究所へのテーマアップ活動に取り組み、新規事業立ち上げにも挑戦されている池 昂一 氏。お二人目は、多業界にて渉外活動やライセンス交渉のご経験を経て、現在、三井化学株式会社 知的財産部にてIPランドスケープを推進されている上原 明日香 氏です。

セミナーでは、分析テーマを設定し、『SPEEDA R&D』の実画面をご覧いただきながら、お二人がどのように情報を収集・分析し、仮説を構築、新たな市場への参入を戦略立てているのか伺います。近年急増している経営に資する知財戦略の策定に向け、いかにSPEEDA R&Dが業務を加速させていくのでしょうか。セミナー中はチャットでの質問も受け付けますので、ぜひお気軽にご参加ください。

『SPEEDA R&D』について
SPEEDA R&Dは、ビジネスにおける情報収集・分析・意思決定を支える経済情報プラットフォーム『SPEEDA』の技術・研究開発部門様向けの新プランです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&A、トレンドに加え、特許動向や学術論文動向の検索機能を有しております。SPEEDA R&Dプランは、多角的な切り口で技術(シーズ)情報とビジネス(ニーズ)情報がグローバルかつ構造的に整理されており、技術者視点のマーケティング・技術起点のビジネス分析を効率的に実現します。

こんな方におすすめ

  • IPランドスケープを推進・実行している責任者・担当者様
  • 新研究テーマの技術調査や市場性分析に従事している責任者・担当者様
  • SPEEDA/SPEEDA R&Dについて他社の具体的な活用方法を知りたい方

開催概要

開催日

2022年6月9日(木)11:00-12:00(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信となります。配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

SPEEDA R&D分析デモンストレーションテーマ「3Dプリンティング」
TOPIC 1:業務のミッションと分析における課題
TOPIC 2:SPEEDA R&Dの活用方法と調査・分析の変化
TOPIC 3:SPEEDA R&Dへの期待と今後の展望

出演者

池 昂一 氏

株式会社リコー プロフェッショナルサービス部 知的財産センター 知的財産戦略室 知的財産戦略グループ
AIPE認定 シニア知的財産アナリスト(特許)、知的財産アナリスト(コンテンツ)

東京都出身。特許調査会社に入社後、特許調査、特許分析業務に従事。その後、自動車メーカー子会社にて特許調査・分析の他、中間処理、発明発掘、知財教育業務を経験。2019年より株式会社リコーにてIPランドスケープ担当として、知財部門起点のイノベーション・新規事業創出を目指して活動中。

上原(川北) 明日香 氏

三井化学株式会社 知的財産部 情報調査グループ 分析・解析チーム
AIPE認定 シニア知的財産アナリスト(特許)

大学院を修了後、新卒でタイヤメーカーに⼊社し、特許の出願・権利化業務を数年行った後、自動車メーカーにてIPのアウトライセンスビジネス業務に携わる。その後、当該ビジネスでの経験を活かし、消費財メーカーにてIPランドスケープ業務を始動、現在は総合化学メーカーにてシニア知財アナリストとしてIPランドスケープの推進を行っている。

伊藤 竜一

株式会社ユーザベース
SPEEDA事業執行役員 技術領域事業CEO

2007年名古屋大学大学院工学研究科を修了後リクルートに入社。製造業のヒト組織課題解決に従事。2016年ユーザベースに参画。経営の意思決定支援が技術部門の課題解決に横展開できる市場期待に着眼。技術・知財経営の重要性を説き、SPEEDA上に「特許・学術論文動向検索」等を機能拡張した『SPEEDA R&D』の企画および事業・組織立上げをリード。技術者が輝き、技術が大きな経済価値になる社会の実現を志す。

ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。