ロボティクス最前線から考える 技術展望

2022年11月29日(火)15:30〜16:45

Analyst Analyst

イベント概要

インダストリー4.0に象徴される変革期を迎える中、スマートファクトリーが注目され、IoTやAIを活用した産業用ロボットの開発が加速しています。自動化にとどまらないスマートファクトリーでは、生産性の向上・納期の厳守・品質の担保だけでなく、省人化・最適化・リモート化などが期待されています。目まぐるしく変化するものづくりの現場の課題を、ロボティクスの進化はいかに解決していくのでしょうか。

本セミナーでは、株式会社安川電機 代表取締役 専務執行役員 小川 昌寛 氏をゲストにお迎えし、ロボティクスがもたらす技術開発の未来を議論します。小川氏は、同社にてロボット事業の事業企画や工場開発に従事された後、米国安川のCEOとしてご活躍されました。帰国後ロボット事業部長にご就任され、現在まで同社のロボット事業を牽引されております。

長年ロボット事業に従事してきた小川氏は、ロボティクスの未来をどのように描き、i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)を実現させようとしているのでしょうか。また、ロボット事業のビジョンを具現化するために、技術とビジネスのバランスをどのように捉え、事業開発を推し進めてきたのでしょうか。30年前に自律分散型ロボットにつながる考え方を語っていたという小川氏のリアルストーリーにご期待ください。

こんな方におすすめ

  • 次世代技術を活用した事業開発に取り組む技術企画・研究開発・生産技術・知財領域の責任者・担当者様
  • 技術革新や事業変革をミッションとする技術・研究部門管掌の役員・部長の皆様
  • ものづくり現場の変革に取り組む経営企画・事業開発部門の責任者・担当者様

開催概要

開催日

2022年11月29日(火)15:30-16:45(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信となります。配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

TOPIC 1:ロボティクスの変遷を紐解く
TOPIC 2:安川電機のスマートファクトリーのリアルに迫る
TOPIC 3:事業を牽引する小川氏の思考プロセスを探る

出演者

小川 昌寛 氏

株式会社安川電機
代表取締役 専務執行役員

1987年3月安川電機に入社。ロボット事業部事業企画部長、ロボット工場開発部長、新規ロボット事業統括部長などを経て、2010年12月米国安川(株) Chairman and CEOとして渡米。帰国し、2016年3月執行役員ロボット事業部長。2019年5月取締役執行役員。2020年3月取締役常務執行役員。2022年3月代表取締役専務執行役員ロボット事業部長に就任し、現在に至る。

伊藤 竜一

株式会社ユーザベース
SPEEDA事業執行役員 技術領域事業CEO
INPIT IPランドスケープ支援事業 審査委員

2007年名古屋大学大学院工学研究科を修了後リクルートに入社。製造業のヒト組織課題解決に従事。2016年ユーザベースに参画。経営の意思決定支援が技術部門の課題解決に横展開できる市場期待に着眼。技術・知財経営の重要性を説き、SPEEDA上に「特許・論文・科研費動向及び研究者情報」等を機能拡張した『SPEEDA R&D』の企画および事業・組織立上げをリード。技術者が輝き、技術が大きな経済価値になる社会の実現を志す。

必須