【リアルイベント】SPEEDAって何ができるの?-新規事業を加速させる編 vol.2-

2022年11月29日(火)10:00〜12:30

Analyst Analyst

イベント概要

事業を取り巻く環境が目まぐるしく移り変わる中、多くの企業において既存事業の枠組みを超えた新規事業の立ち上げが模索されています。一方で、「とにかく速く事業検証を回したいが人手と時間が足りない」「馴染みのない領域で戦略を立てる際、情報収集に時間がかかる」等、限られたリソースでの新規事業探索にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、株式会社マクニカ イノベーション戦略事業本部の本村氏をお招きし、新規事業開発の実践において経済情報プラットフォーム「SPEEDA」は何ができるのか?についてお伺いします。本村氏は、事業の柱としてDX事業を立ち上げるべく、AI社会実装サービス「Re:Alize」の新規市場開拓に取り組まれています。業界の垣根を超えた事業価値を届けるべき顧客の探索を、どのように実践されているのでしょうか。

当日は「SPEEDA」のサービス画面をお見せしながら、本村氏が新規事業開発をどのように加速されたのかお話いただきます。そして、セミナー終了後には皆様の交流を目的とした懇親会を開催いたします。
SPEEDA」について具体的に何ができるのか知りたい、新規事業開発の情報収集について課題感を持っている、他社の方と情報交換したいという方に是非お越しいただきたい内容となります。ご参加をお待ちしております。

※「SPEEDA」は、新規事業開発、法人営業、経営企画に必要なデスクトップリサーチを、ブラウザ上でスピーディに行うことができる経済情報プラットフォームサービスです。

こんな方におすすめ

  • SPEEDAについて他社の具体的な活用方法を知りたい方
  • 新規事業開発における情報収集について課題感を持っている方
  • 社外の交流の場で、さまざまな方と情報交換をされたい方

開催概要

開催日

2022年11月29日(火)10:00-12:30(日本標準時)
※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

会場

株式会社ユーザベース 丸の内オフィス2F
(東京都千代田区丸の内2丁目5 三菱ビル)
JR各線 東京駅 丸の内南口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線 東京駅地下道経由徒歩3分
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 4番出口より徒歩2分
東京メトロ東西線 大手町 B1出口より徒歩6分
都営三田線 大手町 D1出口より徒歩4分

定員

30名 ※お申し込み期限は11/28(月)12:00までとなります。

お持ち物・注意事項

お名刺をご持参ください。またマスクの着用をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、オンライン配信に切り替える場合がございます。その際はご登録いただきましたメールアドレスにご連絡差し上げます。

※以下の症状があるお客様はご来場をお控え下さい。入場時に検温のご協力をお願いします。症状によっては、ご入場をお断りすることがございますので、あらかじめご了承ください。(37.5℃以上の発熱がある方、または発熱が続いている方/風邪の症状(発熱、咳、くしゃみ、喉の痛みなど)がある方/強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方/身近に新型コロナウイルス感染症の患者や濃厚接触者がいる方/政府が入国制限措置を設けている国・地域から日本へ入国後、14日間経過していない方/その他、体調に不安がある方)

プログラム

10:00 受付開始
10:30 セミナー開始
11:30 懇親会開始 *軽食とソフトドリンクをご用意いたします
12:30 終了

出演者

本村 健登 氏

株式会社マクニカ イノベーション戦略事業本部 
AIビジネス推進部 部長
DXコンサルティング室 ディレクター

2017年よりマクニカの新規事業立ち上げに従事。100件以上のDXプロジェクトを支援し、
その経験を通じて2020年にAI関連サービス「Re:Alize.macnica.ai」をリリースし、
ITR Market View:AI市場2022にて、画像認識市場の製造、建設など複数の業界部門でマーケットシェア1位を獲得。
クライアントの新規DXサービス戦略立案、DX人財育成、実装・運用などのトータルディレクションの経験を活かしDXコンサルティング事業を兼任。

海野 悠樹

株式会社ユーザベース
SPEEDA事業執行役員 CRO(Chief Revenue Officer)

新卒で株式会社マイナビにて法人営業を担当。
その後株式会社リブセンスにて、フィールドセールスやカスタマサポートのマネジメント、インサイドセールスチーム、代理店事業立ち上げなどを経験。
2017年9月にユーザベース参画後、大手法人営業を担当し、CustomerTeam(インサイドセールス/フィールドセールス/カスタマーサクセス)のマネージャーを務める。2022年より現職。

必須