日本企業を変革するコーポレートファイナンス vol.4 -グローバル事例から紐解く飛躍のヒント-

2022年12月6日(火)11:00〜12:15

Analyst Analyst

イベント概要

「人的資本」の情報開示に対する動きの加速、「ESG」や「DX」銘柄への資本市場の注目など、これらのビジネストレンドと企業価値の関係はますます強固なものとなってきています。しかし、「これらの非財務指標が具体的にはどのように企業価値に影響を与えるのか?」「成果を出していると言われる事例がピンとこない」など課題を感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、スタートアップ企業から上場企業まで約1,000社を見てきた経験を活かし、M&Aや事業再生に関するアドバイス、および企業変革推進のコンサルティングで企業成長の支援を行う株式会社インテグリティの田中 慎一氏と、金融業界での実績や自らの起業経験をもとに、慶應義塾大学総合政策学部教授としての研究活動やメディアへの出演を通じて、日本企業の競争力向上を目指す保田 隆明氏をお招きし、グローバル事例を元に日本企業が飛躍するためのヒントはなにかを議論していただきます。

お二人は共著『ESG財務戦略』『コーポレートファイナンス 戦略と実践』などを通して、日本企業のグローバル競争力を高める原動力となりうるESG戦略やコーポレートファイナンス戦略の必要性を説いています。いまグローバルで資本市場はどう変化しているのか、そして日本企業はいかにしてその変化を利用し飛躍すべきなのか、実務に精通し、事例も豊富に知るお二人だからこそできるお話にご期待ください。

こんな方におすすめ

  • 企業価値向上を担い、経営戦略・財務戦略を練られている担当者の方
  • 人的資本、ESG、デジタルトランスフォーメーションについての最新事例を知り、自社の企業戦略に活かしたいと模索されている方
  • ビジネストレンドを掴み、事業成長のヒントを得たい方

開催概要

開催日

2022年12月6日(火)11:00-12:15(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信となります。配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

対談セッション「日本企業を変革するコーポレートファイナンス vol.4 -グローバル事例から紐解く飛躍のヒント-」

出演者

田中 慎一 氏

株式会社インテグリティ 代表

慶応義塾大学経済学部卒業後、あずさ監査法人、大和証券SMBC、UBS証券等を経て現職。監査法人、投資銀行を通じて会計監査、IPO支援、デューデリジェンス、M&A・事業再生・資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、アドバイザリーサービスに加えて、スタートアップ企業のCFO、買収後の企業変革を推進するターンアラウンドに取り組む。著書に『コーポレートファイナンス戦略と実践』『役員になれる人の「日経新聞」読み方の流儀』『あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座』『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』等がある。趣味はトライアスロンで、ヨーロッパのIRONMANをすべて完走するのが目標。

保田 隆明 氏

慶應義塾大学総合政策学部教授

リーマンブラザーズ証券、UBS証券で投資銀行業務に従事後、SNS運営サイトを起業。同事業売却後、ネットエイジキャピタルパートナーズ(現ユナイテッド)にてベンチャーキャピタルファンドを組成、運用。その後、金融庁金融研究センター、小樽商科大学准教授、昭和女子大学准教授、神戸大学大学院経営学研究科准教授および教授を経て、22年4月より現職。19年8月より21年3月までスタンフォード大学客員研究員として米国シリコンバレーに在住し、ESGと財務戦略について研究。上場企業の社外役員も兼務。専門はコーポレートファイナンスとソーシャルファイナンス。博士(商学)早稲田大学。

志賀 康平

株式会社ユーザベース
Marketing Division INITIAL Marketing Team Manager

東北大学工学部を卒業後、西日本旅客鉄道(JR西日本)に入社。非鉄道事業部門の新規事業チームにてM&A・PMIを経験。その後、経営企画部門に異動し、グループ会社の経営管理業務、コーポレートベンチャーキャピタルの戦略策定、新規事業部門の立上げ及び合弁会社(新規事業)の撤退・清算業務を経験。2021年7月からユーザベースに参画し、SPEEDA事業のマーケティング&ブランディングを担当。

必須