参謀としての経営企画
-企業価値を最大化する2つの思考-

2024年7月17日(水)11:00〜12:15

Analyst Analyst

イベント概要

経営企画における業務は煩雑で、対応すべきことも時代の流れに合わせて徐々に多くなってきています。2023年3月期からサステナビリティ情報に関する開示が義務化、2024年1月にはPBR(株価純資産倍率)対策を打ち出した企業の一覧表の開示など、見るべき指標は多岐にわたります。

見るべき指標・視点が増えることで、本来見るべき指標や解決すべき課題を見失ってしまう経営企画の方は多いのではないでしょうか。さらに、経営陣と事業側のそれぞれの状況を理解しなければならず、双方の視点を持ち合わせる必要性も問われています。

そこで今回は、長きにわたりマッキンゼー・アンド・カンパニーにて多様な業界・業種の企業をコンサルティングされていた、早稲田大学 大学院経営管理研究科 教授 佐藤 克宏 氏をゲストにお迎えします。佐藤 氏が出版した著書『戦略としての企業価値』の中で紹介している、“事業家としての戦略”、“投資家としてのファイナンス”の2つの視点についてお伺いします。

両方の視点を持つ必要性。なぜ今それらの視点が経営企画に求められているのか。また、事業家と投資家の視点やマインドは、経営視点から事業戦略を作る際にも求められる観点です。数多くのコンサルティング経験を持つ佐藤 氏から得られる多くの示唆にご期待ください。

こんな方におすすめ

  • 経営陣とコミュニケーションが必要な経営企画の責任者・担当者の方
  • 戦略策定や社内の数値や情報整理などを担当する経営企画の責任者・担当者の方
  • 事業方針の策定を行う事業企画の責任者・担当者の方
  • 企業価値を最大化する視点を身につけたい方

開催概要

開催日

2024年7月17日(水)11:00~12:15(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方や、セミナー参加に関するご質問・ご相談などありましたら、(speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

対談セッション「参謀としての経営企画 -企業価値を最大化する2つの思考-」

出演者

佐藤 克宏 氏

早稲田大学大学院 経営管理研究科 教授

慶応義塾大学法学部法律学科卒業。スタンフォード大学大学院修士課程修了。京都大学経営管理大学院博士後期課程修了(博士、経営科学)。日本開発銀行(現 日本政策投資銀行)、マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー等を歴任。早稲田ビジネススクールで戦略やファイナンスについての教鞭を執るとともに、企業への経営アドバイス等も行っている。

大沢 遼平

株式会社ユーザベース
SaaS事業 経営企画・金融機関・コンサルティングファーム支援
コミュニティ担当執行役員

新卒で丸紅株式会社電力本部にて、豪州、米国のIPP事業(投資事業)に従事した後、株式会社ユーザベースに参画。SPEEDA事業のセールス、CS、マーケティングを経て、INITIAL事業のCSの立ち上げに従事。2022年よりCS Division Leader兼INITIAL事業役員(CCO)を経て、2024年1月よりSaaS事業コミュニティ担当執行役員として、コミュニティづくり、事業開発を担当。

必須

無料トライアル 資料ダウンロード