なぜオムロンは10年ビジョンを創るのか- 企業理念経営を支える経営戦略部の挑戦 -

2022年7月6日(水)11:00〜12:15

Analyst Analyst

イベント概要

日本企業なら多くの会社が作っている3年程度の「中期経営計画」。新型コロナウイルスによる市場激変に代表されるように、ビジネストレンドや市場環境の変化が速く、「将来の目標なんて立てられない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回注目するのはオムロン株式会社です。同社は中期経営計画と併せて「10年ビジョン」を策定しています。3年先すら見えないこの時代に、なぜ10年先を見据えたビジョンを掲げるのか。執行役員 グローバル戦略本部 経営戦略部長の竹田 誠治氏をお迎えし、近年広がっている「パーパス経営」と絡めながら、これからの経営戦略のあるべき姿に迫ります。

あまり知られていませんが、経営戦略の策定を指揮する経営企画という組織は、日本独自の組織です。日本企業の戦略そのものが見直されている今、「経営企画」が担うべき役割を改めて考える機会となれば幸いです。ゲストのみならず、視聴者の皆様からのチャットも交えながらご一緒に議論してまいります。

企業の戦略策定にお悩みの皆さんはもちろん、近年、経営企画の役目を一部担いつつある財務やブランドコミュニケーションの担当者、経営に携わりたい若手ビジネスパーソンまで、広くご参加ください。

こんな方におすすめ

  • 中計やビジョンなど、企業の未来に向けた戦略策定に携わる経営者・経営企画部の方
  • 市場環境の変化が進む中、企業変革の必要性を感じている事業部の方

開催概要

開催日

2022年7月6日(水)11:00-12:15(日本標準時) ※終了時間は多少前後する可能性がございます。

参加料

無料

視聴方法

本セミナーはオンラインでのライブ配信となります。配信ツールZoomを利用いたします。視聴方法はお申込み後にご案内いたします。 Zoomでのオンライン配信動画視聴方法につきましては、お申し込みいただいた方へのみご案内させていただきます。当日のご案内メールが届かない方はお手数ですが (speeda_marketing@uzabase.com) までご連絡ください。

プログラム

対談セッション「なぜオムロンは10年ビジョンを創るのか- 企業理念経営を支える経営戦略部の挑戦 -」

出演者

竹田 誠治 氏

オムロン株式会社 執行役員
グローバル戦略本部 経営戦略部長

オムロンヘルスケア株式会社にて経営戦略、M&A業務に従事後、中国・上海にて現地法人副社長、米国・シカゴ、ブラジル・サンパウロにて現地法人CEOとして、ヘルスケア事業の営業・マーケティング・M&Aを統括。 2017年より現職。長期ビジョン、短期中期経営計画の策定と推進、M&A業務を行う。

平岡 乾

NewsPicks ジャーナリスト

経済/経営ジャーナリスト。専門は経営(ファイナンスや人事、経営理論)ほか、半導体や機械、素材産業など。 東工大院修了後、日刊工業新聞社入社。群馬で中小企業取材の後、素材産業と経産省を担当。インダストリー4.0やTPPなどマクロ経済ほか、パナソニックなどの電機・機械企業を取材。 2019年よりNewsPicks記者。

必須